« 子ども会 | メイン | 長島愛生園・邑久光明園訪問 二日目 »

2006年09月09日

●長島愛生園・邑久光明園訪問 一日目

2006年9月5日、「ハンセン病ふるさとネットワーク富山」の有志20名あまりで、まず長島愛生園に向かいました。



かつては「事務本館」として園の運営を指揮していた建物が、宇佐美治さんが集めてこられた資料を展示する歴史館として生まれ変わっていました。長島事件で割れた「恵みの鐘」 の二代目、療養所での生活に使われたさまざまな道具、違憲訴訟のタスキなど興味深い資料が綺麗に陳列されていました。


特別に見せていただいたのですが、上の肖像画は正宗白鳥に近い人物が光田健輔氏を描いたものだそうです。後ろに胎児標本が描かれているのではないかという話があります。(小箱さんの提言を受けて、画像を削除いたしました)



愛生園の納骨堂です。お勤めをさせていただきました。
愛生園の到着時から同行してくださったMさんが、ここでお礼のご挨拶を述べてくださいました。

IMG_0578.JPG
監房跡。壁のみが出ていて、全体は埋められています。
以前とは違って、説明のプレートがいたるところに設置してありました。

IMG_0581.JPG
収容桟橋 収容される方々がこの島に上陸された場所です。

IMG_0580.JPG
収容所(回春寮) 入所されて検査や手続きが行われた建物。

IMG_0587.JPG
収容所の中の消毒風呂です。


この後、邑久光明園へ移動し、宿泊する「かえで寮」で懇親会を開きました。

 この会に、光明園の吉田さんとともに、愛生園からMさんがわざわざ参加してくださいました。
 Mさんとはじめてお会いしたのは、国賠訴訟のすぐ後、上市のすし屋さんにて。翌年には「ハンセン病問題ふるさとネットワーク」の歓迎会にも出てくださったのですが、その次の年からは、「ネットワーク」との交流は避けておられました。個人ではお会いしてくださっていたようですが。
 懇親会でも色々と話してくださいました。またMさんの手記を読んで、団体との交流を避けられたお気持ちと、こうして再びお会いしてくださった心情の変化が分るような気がしました。
 藤野豊代表に「Mさんが私たちにお会いしてくださって、よかったですね。」と申しましたら、「そんなことはない。Mさんのような悲しみに遭わなくても、だれもがそのまま故郷の人々と交流できるようにしなければ。(趣意)」とおっしゃいました。しかり、しかり。。。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://gyokueiji.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/397

コメント

 この研修に押しかけた兵庫の僧侶です。
私は、光田氏の肖像画をアップするのには疑問があります。

1.著作者の名前を出していない。正宗得三郎、白鳥の弟
2.当然著作権というものがある。
3.背景に描かれている、人面についてのコメントが無い。
4.「胎児標本が描かれているのではないかという話があります」というだけでは
あまりにも無責任ではないか。
5.なぜ、非公開なのかということに対して書かれていない。
という点でです。どう思われますか?

コメントありがとうございます。

ネット上に公開するならば、正確な情報を添えるべきであるという問題提起と受け取りました。それに基づく著作権についても、当方からの反論はありません。

画像を削除いたします。

 早急な対応ありがとう御座います。
あの写真は何らかの形でちゃんと報告しないと思います。昔は恩賜記念館になにげにかけてあったものですから。だれかしてもらえないかなぁ。

ところで、玉永寺さんのページってなんかおぼえあります。
検索かけると「正信偈以前」って出てきました。昔々送ってもらった記憶があります。違いましたかねぇ。

「正信偈以前」を購入してくださったことがあったのですねぇ(汗
ご縁があったことです(汗汗

そうかー、あの絵は現在、非公開になったのですね。そんなことも知らなくて、反省しております。

あさ

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)